to the north

辻有希×BLAKISTONのカッティングボード。

クラフトシーンで高いセンスを誇る2組が、
材を活かしたカッティングボードを制作。

北海道のクラフトシーンで高いセンスを誇るのが木工作家、辻有希さんとオーダー家具などを手がけるインテリアショップ、BLAKISTONによるコラボレーションアイテム。

ナラ、エンジュ、リンゴ、カバ、イタヤカエデを使って制作。節や割れなど木の個性も楽しめる。

ナラ、エンジュ、リンゴ、カバ、イタヤカエデを使って制作。節や割れなど木の個性も楽しめる。

これまでも木の質感を活かしたハードなアイテムを共同制作していた両者。凛とした美しさを持つ辻さんの作風に、ラフでハードなプロダクトを手がけるBLAKISTONのディレクションが加わった。

tsuji_blakiston

木工作家、辻有希さん(左)とインテリアショップBLAKISTONの児玉結衣子さん(右)。

シンプルなプロダクトだけに、
既視感があるものは響かない。

今回、to the north用に制作したカッティングボードは、ナラやイタヤカエデなどの材を使い、自然のままの節や木の形、素材を丸ごと生かしたもの。特に注力したのは材選びで、その作業には何よりも時間をかけたという。

tsuji_blakiston02

「カッティングボードがシンプルなだけに、辻さんではないとできないことを考えました」と語るのはBLAKISTONの児玉結衣子さん。一方、「既視感があるものは響かない。まず、第一印象でどうかという客観的なアドバイスをもらえたのはすごくよかった」と辻さん。

両者の協働作業から、即興性のある彫刻的で美しいカッティングボードが誕生。同じものは一枚としてない。


〈辻有希×BLAKISTON〉のアイテムは下記からご購入いただけます。

read more もっと見る

follow us フォローして最新のニュースを確認しよう