to the north

20代の頃から珈琲メーカーに勤めていた名ロースターの杉谷昌樹さん。独立して杉屋珈琲を始めた。

食のプロから信頼を受ける、
名ロースター〈杉屋珈琲〉。

to the northで紹介している北海道のスイーツとともに味わっていただきたいのが、こだわりのレストランやプロのシェフから絶大な支持を誇る〈杉屋珈琲〉のコーヒー。知る人ぞ知る名ロースターの杉谷昌樹さんの豆は、これまで一般市場に出回ることがなく入手困難だったが、今回は特別にオーダー。

キレが良くかつ個性的に、というto the northブレンドのリクエストに対し、季節によって違う顔をみせる北海道の四季のように、最初に飲んだ時とその途中、そして飲み終わる時、時間の経過とともに変化する味をテーマにした。

豆の味を引き出すために、
足し算と引き算を繰り返す。

「ブレンドはベースを決めて、オーダーを元にいろんなアクセントを作っていく。豆の味を殺さないよう、足し算引き算をしているみたいな感じなんです」。

さらりと話す杉谷さんだが、その配合や焼き加減には熟練の技とセンスを要する。

今回は、個性の強い豆と中和させる役割の豆など3種類を配合し、どの時点でもおいしく飲めるのが一番の魅力となっている。一度飲んだら誰もが虜になってしまうという杉谷さんのコーヒー豆。

to the northブレンドは、ここでしか手に入らない。


〈杉谷珈琲〉のアイテムは下記からご購入いただけます。

read more もっと見る

follow us フォローして最新のニュースを確認しよう