to the north

今、北海道のスイーツ界でじわじわと注目を集める店がある。札幌市内のヴィンテージマンションの一角にある洋菓子店〈カプセルモンスター〉がそれだ。

もともとカフェやパン屋で働いていたパティシエの久々湊卓人さんが2014年にオープンした店で、手がける焼き菓子やケーキは週末の営業日ですべて完売してしまうほどの盛況ぶり。

1週間のうち3日で製造し、3日で販売を自らこなす久々湊さん。その個数で言えば、ケーキなど他のお菓子を合わせてざっと1600個ほど。うち、看板メニューのフィナンシェは週に600個ほどを焼くというから驚きだ。

そんな〈カプセルモンスター〉の味の特徴を聞けば「わかりやすい味」だという。「ヘーゼルナッツだったらその味がガツンと来るような。複雑にはせず極力シンプルにしたいので、どんどん素材を引いていく。最終的に本当に少ない材料で作ることを心がけているんです」。引くという潔さゆえに、それぞれの味の違いがストレートに伝わってくる。


〈カプセルモンスター〉のアイテムは下記からご購入いただけます。

read more もっと見る

follow us フォローして最新のニュースを確認しよう