to the north

洞爺湖の近くで工房を構えるガラス作家、〈gla_gla〉の高臣大介さんのガラス作品はオリジナリティ溢れるものばかり。

「吹きガラスには大きく分けて、型吹きと宙吹きがあります。型吹きは型に吹き込むもの。工業製品などは型に吹き込んでいるので均一な大きさになりますが、僕がやっている宙吹きは型に入れないので、同じものは生まれないんです」。

20年近くガラス制作をする高臣さんの発想の源は、すべて頭に浮かんだタイトルから。「すべて作ってるものにはタイトルがあるのですが、そのタイトルとガラスの間には、僕の中で感じた詩や妄想的な物語があります。そこからイメージをして、自分の腑に落ちるものをガラスで表現していきます」。

今回、to the northのために、大きいサイズのタンブラーを制作。真ん中が少しくぼんだガラスは持ちやすさを考慮しつつ、液体を入れた時に光の屈折も楽しめる。使うごとに表情が変わる、毎日手にしたいアイテムだ。


〈gla_gla〉のアイテムは下記からご購入いただけます。





read more もっと見る

follow us フォローして最新のニュースを確認しよう