to the north

この秋、旧パッケージに近いデザインを採用してリニューアルしたノースマン。

北海道の人々の郷愁を誘う、
和洋折衷のロングセラー。

ノースマン”をご存じだろうか。北海道民に聞けば、「小さい頃からこれを食べて育った」「いつも家のテーブルにあった」「おばあちゃん家の思い出」など、ノスタルジックなエピソードがたくさんでてきます。北海道出身者にとっては、郷愁を誘うお菓子でもある。

この秋、旧パッケージに近いデザインを採用してリニューアルしたノースマン。

当のノースマンといえば、手のひらサイズのパイ生地の中にこしあん入りという和洋折衷が特徴で、昭和49 年に登場して以来、ロングセラーの人気を誇る。製造販売するのは、札幌市内に本店を構える〈千秋庵〉。創業は1921(大正10)年。北海道でも珍しく長い伝統を誇るお菓子の老舗で、創業者の岡部式二は菓子職人としてその名を轟かせた人物でもある。

「開業した当時は洋菓子を中心に、シュークリームやスイートポテトを作っていました。当時にしたらとても目新しいお菓子で、毎日作っても間に合わないくらい飛ぶように売れていたようです」と話すのは、岡部の孫にあたり、千秋庵の代表を務める庭山修子さん。次世代に伝えていく役割も担う彼女は、ノースマンの生まれた背景についてはこう語る。

千秋庵の代表を務める庭山修子さん

千秋庵の代表を務める庭山修子さん。

あんこへのこだわりが、
長年、愛され続ける理由。

庭山さん:「当時は、ちょうど和洋折衷のお菓子がで始めた頃。〈千秋庵〉のあんこを使って、それを包むものを考えていたんです。そんなとき、岡部が横浜の中華街でパイ生地のようなものに餡が包まれてるお菓子を持ち帰ってきました。それをヒントにしたのが始まりですね」

このノースマン、長年愛されるのはやはり、あんこへのこだわり。単に小豆を煮て作るあんではなく、生の小豆の皮を一つ一つ剥いたものを使う。

庭山さん:「普通のあんこには、少し粒が入っていたり、皮が残ったりしますけど、それが一切無いので、小豆の旨味が残って、なめらかで舌触りが良くなる。皮に邪魔されることがないので、喉越しも良く、小豆の味がダイレクトに伝わるあんこになるんです」

ロングセラーゆえの
絶対的な自信。

かつては北海道の代表的な土産といえば“ノースマン”と上位に名前が上がったこともあったというが、ここ近年はさまざまな北海道土産に押され気味であることも事実。とはいえ、味と製法は一貫していて変えることはしない。40年以上のロングセラーゆえの絶対的な自信を持つ。今回 to the north では、新たな試みとして、往年のファンのみならず、ノースマンを知らない方に向けて、旧パッケージを採用。レトロなデザインがかえって現代的でもある。

庭山さん:「原点回帰。歴史とともにノースマンの魅力を知っていただきたいですね」

道民とともに一緒に時を経てきたノースマン。長く愛されるものには作り手の意志が感じられる。心に刻まれるお菓子は、強い。


〈千秋庵〉のアイテムは下記からご購入いただけます。

read more もっと見る

follow us フォローして最新のニュースを確認しよう